• ヘッジファンドの実力を知る

    Posted on 10月 12th, 2015 admin No comments

    日本国内にも、数多くのファンドと呼ばれる業者が存在しています。ただ、その多くが「インデックスファンド」ないしは「アクティブファンド」と呼ばれる種類であることが特徴です。これらのファンドというのは、多少の違いこそあれど「安定性」が重視されている運営を行うことがポイントです。インデックスファンドについてはインデックス指標の動きに従って投資を行うというものであるため、ファンドとしての実力はそれほど問われません。ブランド力の方が重要になっていると言えます。

    これに対して海外のファンドには、ヘッジファンドと呼ばれるタイプのファンドが存在しています。ヘッジファンドというのは実力ある投資家がトップに立って投資を行うファンドのことです。その際にはリスクが大きく普通のファンドでは用いられない「ショート取引」というものも用います。ショート取引というのは通常の取引とは逆に、「売り」から入る取引方法です。その後指標が上がると損益が出て、下がると利益が出ます。しかし、上がり続けると損益がそれだけ拡大するため、普通は用いないのです。

    ヘッジファンドについて詳しくはこちらをご覧になると良いでしょう。何故日本にヘッジファンドがないのか、海外のヘッジファンドが強いのかが見えてきます。

    Leave a reply