• 業務の分散化がしっかり行なわれている

    Posted on 10月 16th, 2014 admin No comments

    まだまだ登場から日が浅く、投資対象として利用している人もそこまで多くはない金融商品として「J-REIT」というものがあります。J-REITは、日本版の不動産投資信託のことを指しています。不動産と聞いた途端に、投資先として排除してしまう人も一定層いらっしゃるかもしれません。そこでここでは、そういった不動産投資に対する悪い印象を排除するためにも、J-REITがどういった運営体制を取っているのか、ということについて紹介していきます。

    J-REITはあくまでも投資法人であり、不動産投資に関するすべての要素をここだけでまかなっているわけではありません。むしろやっていることは少なく、不動産市場に投資を行って収益を得る、という作業をしているに過ぎないわけです。この作業をするにあたって、周辺には多くの会社が存在しています。

    まず、その資金の一部を提供することになる金融機関が必要です。さらに、購入した不動産の運用を委託する運用会社、購入した不動産の保管を委託する保管会社、一般事務関係の委託を行う事務委託会社といったものが周辺には存在しています。
    これだけ会社が分割されているため、どこか一箇所の経営が悪化しても、全体に及ぶダメージは少なくて済みます。

    世界のヘッジファンドから優秀なものを見抜くには、専門家のアドバイスが有効です。

    Leave a reply